日本薬剤疫学会

English

日本薬剤疫学会の歩み・略年表

1994年12月 第15回日本臨床薬理学会が浜松で開催された機会に「日本における薬剤疫学の今後の発展を考える会」を開催(45名、呼びかけ人:清水 直容、楠 正)
1995年01月 日本薬剤疫学研究会準備委員会(10名)が発足し、第1回の会合を開く。
1995年07月 30名の発起人により、日本薬剤疫学研究会が発足した。
1995年12月 第1回学術総会(東京 国立公衆衛生院、会長:楠 正)
シンポジウム「薬剤疫学と安全性評価」
1996年03月 会誌「薬剤疫学」 Vol.1 No.1 発行。以後毎年2号を定期的に発行する。
1996年11月 第2回学術総会(東京 明治記念館、会長:北澤 式文)
シンポジウム「薬剤疫学に有用なデータとは?」
1997年11月 日本薬剤疫学研究会から日本薬剤疫学会に改称
1997年11月 第3回学術総会(東京 東京大学、会長:開原 成允)
シンポジウム「日本における医薬品使用実態をめぐって」
1998年11月 第4回学術総会(東京 全電通労働会館、会長:佐久間 昭)
シンポジウム1「アウトカム・リサーチ」
シンポジウム2「PMS(医薬品市販後監視)と薬剤疫学」
1999年04月 データベース利用降圧薬ワークショップ(東京医科歯科大学)
1999年11月 第5回学術総会(宇部 全日空ホテル、会長:神谷 晃)
シンポジウム「市販後調査を薬剤疫学データベースとするには何が必要か?」
ワークショップ「大規模臨床試験の今後」
2000年11月 第6回学術総会(東京 全電通労働会館、会長:道場 信孝)
招聘講演:Brian L Strom 教授(University of Pennsylvania、USA)
シンポジウム1「薬剤疫学における薬剤師の役割」
シンポジウム2「薬を選ぶ:薬籠に何を入れるか」
2001年05月 ワークショップ「抗菌薬適正使用について-泌尿器科領域を中心にして-」
2001年11月 第7回学術総会(東京大学安田講堂、会長:大橋 靖雄)
シンポジウム「PMSの今後のあり方」
2002年11月 第8回学術総会(昭和大学上條講堂、会長:伊賀 立二)
シンポジウム1「21世紀の医療における薬剤疫学の役割」
シンポジウム2「PMSと薬剤疫学」
2003年11月 第9回学術総会(東京 あいおい損保新宿ビル、会長:細田 瑳一)
シンポジウム「疫学的或いは臨床的アプローチによるエビデンス」
~無作為化比較試験によらないエビデンス~
2004年11月 第10回学術総会(福岡 エルガーラホール、会長:信友 浩一)
シンポジウム1「薬剤疫学への期待」
シンポジウム2「何がエンドポイントか」
2005年11月 第11回学術総会(福井 福井商工会議所、会長:政田 幹夫)
シンポジウム「ファーマコビジランス」
2006年11月 第12回学術総会(神奈川 パシフィコ横浜、会長:景山 茂)
テーマ:医薬品の安全性とリスク評価
シンポジウム1「臨床現場にとって有用な副作用情報の報告・伝達・活用」
シンポジウム2「チロシンキナーゼ阻害剤と薬剤性肺障害」
シンポジウム3「医薬品使用実態調査とフォーミュラリー・マネジメント」
2007年05月 特別シンポジウム「インフルエンザ罹患後の異常行動と薬剤疫学」
2007年10月 第13回学術総会(東京大学鉄門講堂、会長:別府 宏圀)
テーマ:医療消費者と薬剤疫学
シンポジウム1「ファーマコビジランスのあり方―新しい時代の要求に応えるには―」
シンポジウム2「薬害の原点―サリドマイド被害から何を学ぶか」
2007年10月 国際薬剤疫学会/日本薬剤疫学会 共催「2007薬剤疫学教育プログラム」
2008年11月 第14回学術総会(北里大学薬学部コンベンションホール、会長:望月 眞弓)
テーマ:薬剤疫学の発展と定着―今取り組むべき課題―
シンポジウム1「薬剤疫学研究の現状と今後」
シンポジウム2「医薬品評価と薬剤疫学~患者さんへ真に役立つ医薬品の提供を目指して~」
2008年11月 特別講演会「医療データベースの新薬モニタリングへの応用:米国のWebを介したリアルモニタリングの紹介 ― Harvard大学(i3 Drug Safety 兼務)Arnold Chan教授による講演とi3 Aperioのデモンストレーション ―」
2009年03月 特別講演会  ― McGill大学 Samy Suissa 教授による講演会 ―
「慢性閉塞性呼吸器疾患に対する吸入副腎皮質ステロイドのデータベース研究:“immortal time bias”」
2009年11月 第15回学術総会(東京大学医学部鉄門記念講堂、会長:津谷喜一郎)
テーマ:くすりはリスク:ヒューリスティックからガバナンスへ
シンポジウム1「医薬品のリスクコミュニケーション」
シンポジウム2「医薬品リスクマネジメント」
2010年10月 第16回学術総会(あいおい損保新宿ビル、会長:久保田潔)第5回ISPEアジア会議との共催
テーマ:アジアにおける薬の安全性のための活動と協力
2011年1月 一般社団法人日本薬剤疫学会設立
2011年5,8,11月 チュートリアル「薬剤疫学の基礎と文献の批判的吟味・グループ討論
2011年11月 第17回学術総会(慶應義塾大学芝共立キャンパス、会長:池田俊也)
テーマ:薬剤疫学と医療データベース~次なるステージへ~
シンポジウム1「データベース時代の幕開け:日本の薬剤疫学に革命をもたらすか?」
シンポジウム2「薬剤疫学の必要性と薬剤疫学者の養成」
シンポジウム3「日本における治療リスク管理の現状と将来」
2012年11月 第18回学術総会(慶應義塾大学芝共立キャンパス、会長:黒川達夫)
テーマ:薬剤疫学、その発展、社会適用と未来
シンポジウム1「薬の安心・安全のための調査・研究とSS-MIX」
シンポジウム2「薬剤疫学 ‐ その発展、社会適用と未来‐」
2013年11月 第19回学術総会(東京大学伊藤国際学術記念センター、会長:浜田 知久馬)
テーマ:薬剤疫学における生物統計の役割
‐科学的な医薬品リスク管理計画(RMP)実践を目指して‐
シンポジウム1「科学的な医薬品リスク管理計画(RMP)実践を目指して」
シンポジウム2「PMDAの自発報告データベースの新たな活用と今後の課題」
2014年10月

第20回学術総会(松山市総合コミュニティセンター、会長:野元 正弘)
テーマ:薬の安全性とリスクの評価ー現場で有用なエビデンスの創出と提供ー
シンポジウム1「RMP~現在のガイダンス~」
シンポジウム2「電子診療情報の安全対策への適用の現状~MIHARI Projectを例にして~」
シンポジウム3「薬剤疫学関係者が意識すべきワクチンに関する諸課題」
シンポジウム4「服薬指導で伝えるべき情報の選択~注意と禁忌事項他~」

2015年11月 第21回学術総会(日本薬科大学さいたまキャンパス、会長:大山良治)
テーマ:医療データベースと薬の安全性・有効性に関する薬剤疫学
シンポジウム1「データベースの活用と品質管理」
シンポジウム2「リスク最小化策の評価」
シンポジウム3「薬剤疫学の教育」
2016年11月 第22回学術総会(みやこめっせ(京都市勧業館)、会長:川上浩司)
テーマ:医療リアルワールドデータ時代における疫学
シンポジウム1「薬剤疫学におけるアウトカムリサーチ」
シンポジウム2「医療データベース利活用の国内基盤の最新状況」
シンポジウム3「医療系リアルワールドデータの利活用の実例」
シンポジウム4「疫学とデジタルヘルス:自治体およびヘルスケア企業の取組」
シンポジウム5「生体情報から創薬へ展開する薬剤疫学」