日本薬剤疫学会

English

日本における臨床疫学・薬剤疫学に応用可能なデータベース調査

 

 【本調査の目的】

この一覧表は、日本薬剤疫学会「薬剤疫学とデータベースタスクフォース(TF)」が 日本で臨床疫学や薬剤疫学に応用可能なデータベースの特徴を調査し、公開することを目 的として 各データベース保有者・管理者のご協力を得てまとめたものです。 毎年8月を目処に情報を追加・更新いたしております。 なお、この表は各データベース保有者・管理者からの情報に基づいて作成されており、 本TFでは精査いたしておりません。実際に使用される場合には、各自の責任でお願いいた します。

 

 

 

 Survey of Japanese databases in Japan available for clinical/pharmaco- epidemiology

This table is summarized and updated annually by a "pharmacoepidemiology & database taskforce" in Japanese Society for Pharmacoepidemiology based on information provided by each data holder or database manager in order to characterize databases available for clinical/pharmaco- epidemiology in Japan. The taskforce does not verify data provided by data holders. The users are encouraged to contact directly to the data holder(s) to learn the latest information.

 

 

 

  ◆データベース一覧・検索サイト(日本語)

 

  ◆Database List & Search (English)

 

 

 

論文などでの引用方法 Data Citation

 

本タスクフォースのデータベース一覧を引用する場合は以下の情報を記載してください。

The citation for the database list provided by our taskforce should include the following information. 

● 日本薬剤疫学会 薬剤疫学とデータベースタスクフォース. 日本における臨床疫学・薬剤疫学に応用可能なデータベース調査.

    Available: http://www.jspe.jp/committee/020/0210/

    [Accessed: date of access]

● Pharmacoepidemiology & Database Taskforce, Japanese Society for Pharmacoepidemiology. Survey of Japanese databases in Japan available for clinical/pharmacoepidemiology.

    Available: http://www.jspe.jp/committee/020/0210/

    [Accessed: date of access]

(書誌事項の記載方法は規定にあわせて修正してください)

 

このページTOPへ