« 日本における臨床疫学・薬剤疫学に応用可能なデータベース調査 | メイン | 医療情報データベースを用いる研究のためのOutcome Definition Repository TF »

薬剤疫学とデータベースタスクフォースの活動

(座長 木村友美) 

 

本タスクフォースでは、日本におけるデータベース研究の推進に貢献することを目的とし、2010年から日本で臨床疫学・薬剤疫学に応用可能なデータベースについて調査を行なっています。今回、2018年の調査結果についてデータベースの内容を更新したので掲載しました。今後新たにご協力をいただける際には当学会事務局までお知らせください。(2018.12)

 

JSPE Pharmacoepidemiology & Database Task Force (PE&DB TF)

 

The mission of JSPE's PE&DB TF is to contribute to establish environment of the database studies in Japan 

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://119.245.209.43/mt-tb.cgi/76

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2018年12月05日 13:20に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「日本における臨床疫学・薬剤疫学に応用可能なデータベース調査」です。

次の投稿は「医療情報データベースを用いる研究のためのOutcome Definition Repository TF」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35